走りのFXR

1982年、ハーレー初のコンピューター設計による3点ラバーマウントの「トリマウントシステム」を採用した最新FXRフレームが誕生した。エンジンはもちろんショベルヘッドである。発売当初は特殊なそのフレーム形状から、なかなか市場に受け入れられなかった悲運のFXRであるが、ここ数年ではコンパウトな車体とそのパフォーマンスからじわりじわりと人気が上がっている。

画像1: 走りのFXR

画像2: 走りのFXR

This article is a sponsored article by
''.