画像: 掲載日/2010年06月04日【フルカスタム】撮影/磯部 孝夫

掲載日/2010年06月04日【フルカスタム】撮影/磯部 孝夫

画像1: [ VIRGIN HARLEY ] : 2004年式 XL883 by TRAMP CYCLE
画像2: [ VIRGIN HARLEY ] : 2004年式 XL883 by TRAMP CYCLE
画像3: [ VIRGIN HARLEY ] : 2004年式 XL883 by TRAMP CYCLE

経験に裏打ちされたノウハツが詰まったライトカスタムの域を超えた一台

オフセットされた6インチライザーにナロードラッグバー、ストックのミッドコントロールにオリジナルソロシートというポジションは驚くほどにタイトなものだ。マシンをまるで手足のように操れる。カスタムには不向きだと敬遠されがちなラバーマウン・スポーツスター。しかしTRAMPの手にかかれば、そんなネガな要素は微塵も感じられない。メガホンタイプのデュアルエキゾーストから吐き出されるレーサーライクな排気音に耳を傾け、大阪の中心地を駆け抜ける。ストックモーターに足周りのモディファイ。それにともなう軽量化。チューニングというレベルではないが、操作する喜びに満ちたオートバイの本質を見極めたカスタム。これが素直な感想だ。

エクステリアのポイントはSS 3.25ガロンをナロードしたフューエルタンク。そのタンクに合わせて、リアにオリジナルのライトフェンダー&スパルトテールをセット。フロントには同じくオリジナルショートフェンダーを装着している。ヘッドライトは定番の4.5インチではなく、ひと回り大きな5.5インチをチョイス。オフセットしたマウント位置にこだわり、ほどよい凝縮感を演出している。このバランス感覚がTRAMP長岡守のビルダーとしての持ち味だ。

そしてこのペイントワーク。ブラックベースにアイボリーラインをトレースし、そのアイボリーを赤のピンラインで挟み込み、ピンクのように表現。トップコートは通常の約3倍ほど吹き付けられ、グロッシーな光沢を放つ。ペイント作業はすべて自社ブースにて行い、納得のいくまで何度でも塗り直すという徹底したこだわりを貫いている。

長岡守はこのマシンを指して、ライトカスタムだとさらりと言う。しかしその陰には、様々なアプローチからの失敗や、そこから得た多くのノウハウが詰め込まれている。経験に裏打ちされたライトカスタムは、もはやライトではない。

SHOP INFO.

TRAMP CYCLE

住所/大阪市都島区中野町2-2-12
電話/06-6882-1133
ファックス/06-6882-2224
営業/12:00~19:00(日曜12:00~18:00)
定休日/月曜、第2日曜(木曜は店頭業務休業)

カスタムの詳細をチェック!

画像: アイボリー&レッドのピンラインが描かれた5.5インチヘッドライト。レンズは丸みを帯びたTB-009バブルトップレンズ。

アイボリー&レッドのピンラインが描かれた5.5インチヘッドライト。レンズは丸みを帯びたTB-009バブルトップレンズ。

画像: TB-013ドッグボーンライザーに、THB-001ナロードラッグバーを装着。トリプルツリーはブラックにペイントされている。

TB-013ドッグボーンライザーに、THB-001ナロードラッグバーを装着。トリプルツリーはブラックにペイントされている。

画像: ナロードされたSS 3.25ガロンタンクにエアプレーンキャップを装着。非対称にタンクのエッジをトレースするピンライン。

ナロードされたSS 3.25ガロンタンクにエアプレーンキャップを装着。非対称にタンクのエッジをトレースするピンライン。

画像: フルチタン・デュアルエキゾースト TMF-010E Glow Emit、オーリンズS36E、さらにチェーンドライブに交換されている。

フルチタン・デュアルエキゾースト TMF-010E Glow Emit、オーリンズS36E、さらにチェーンドライブに交換されている。

This article is a sponsored article by
''.