画像: [ FETECH ] : ガス漏れ ハーレー 修理 ガソリン漏れ エアベント

今日はガス漏れについて。。。

おはようございます!今日の東京は晴れです。夏も終わりですね。子供たちも今日から学校で夏休みモードもなくなってまいりますね…。

しかし、まだまだ暑い日は続きます。炎天下の中、信号待ちでアイドリングがおかしくなったり、キャップからガソリンが漏れたりそんなことはありませんか?今日はそんな方へ。

ではではいきましょ~。

ガス漏れの修理ということで。心当たりがありましたので、タンクを車体から外しまして。

画像1: 今日はガス漏れについて。。。

タンク内側上部にありまする、フィッティング。これは、タンク内の圧力を大気圧と同等にするための経路。の、フィッティングになります。

画像2: 今日はガス漏れについて。。。

っあ!笑
うまっている!やはり!

画像3: 今日はガス漏れについて。。。

ココの穴が、内部コーティングの時に埋まってしまったのですね。キャップのベント(圧抜き穴)やワンウェイ(一方通行弁)バルブの不良なども起こりえます。似たような症状の際は、お近くのショップさんへ。

空冷のハーレーは真夏の渋滞が不得意です。
まだまだ、オーバーヒートに気を付けてください。
早めのオイル交換も効果的です。

ご相談はおきがるに!!!

This article is a sponsored article by
''.