画像: [ KessTech ] : JMCA 認定 (政府認証) プレート付きキット、続々入荷!!

JMCA認定のプレート付きマフラーキットが続々と入荷中 !!

道路交通法に定められる自動車や二輪車の排気騒音に関する規制項目には、(1) 加速走行騒音 (2) 排出ガス規制 (3) 近接排気騒音の3項目があります。KessTech 社製マフラーの全ては、欧州連合指令(EU指令)適合品表示 [ eマーク ] を取得しておりますので、ハーレー全モデルの内、年式やモデルは限定されますが、ハーレー純正のエキゾーストパイプに触媒が装着されているモデル (下記にてご説明) でしたら、 KessTech のマフラーシステムを装着した上で、国内の車検を取得する事が可能だと思います。車検適合に関しての詳細は以下をご覧下さい。

(1) 加速走行騒音

KessTech 社製マフラーの全ては [ eマーク ] を取得していますので、加速走行騒音に関する項目は完全にクリアーを致します。

(2) 排出ガス規制

KessTech JAPANでは、ハーレーの純正エキゾースト・パイプに、ハーレー純正の触媒が装着されているモデルのみを販売の対象とさせて頂きます。純正の触媒が装着されていれば、マフラーの変更に関し装着予定のそのマフラーの各音量値が規制値内ではあれば、それは違反とはなりません。

[ 純正エキゾーストパイプに触媒が装着されているモデル ]
◯ 2008年〜TwinCam DNYA FAT BOB
◯ 2009年〜のツーリングモデル全般
◯ 2010年〜TwinCam DYNA WIDE GLIDE
◯ 2002年〜V-ROD
◯ 2015年〜 DYNA ローライダー / FXDL
◯ 2016年〜 FXDLS

(3) 近接排気騒音

2016.4/19 : JMCA にて、2016年式 ROAD KINGを使用し、音量調整用バルブをフルオープンにて近接排気騒音を測定。その測定結果は94dBであり、近接排気騒音の上限とされる94dB以内でありましたので、その測定結果を持って JMCA による政府認証を得る事が出来ました。

[ 測定日 : 2016.4/19 ]
◯ 測定結果 / 94dB …. 基準値以内
◯ 測定に使用した車両 : 2016 ROADKING / エンジン排気量 : 1,689cc
◯ JMCA 公認認定番号 : JMCA2116127001
◯ 試験成績表又は確認結果の交付日 : 平成28年5月16日

▷ 但し、上記 JMCA 公認認定番号 : JMCA2116127001 は、2016年式 ROAD KINGの形式のみの有効となります。形式認定に関しましては、お気軽に KessTech テクニカル・サポート : BAD LAND まで、お問い合わせ下さい。

BAD LAND tel : 044-587-3139

近接排気騒音に関する詳細

近接排気騒音に関する詳細は、以下のリンク先にてご案内を致しております!! 是非ご覧下さい!!

画像1: 近接排気騒音に関する詳細
画像2: 近接排気騒音に関する詳細

This article is a sponsored article by
''.