画像: [ KessTech ] : 製品のご紹介 : 2014年〜 SPORTSTER用マフラーキット

2014年以降のSPORTSTERに対応するマフラーキットです

KessTechの製品をご案内させて頂きます。こちらは2014年以降のSPORTSTER用としてリリースされているモデルです。分厚いフルクローム・メッキが施されているマフラーのボディーを手に取りますと、如何にこの製品が高品質なモノであるかが伝わります。

現在、KessTechのマフラーキットは、ヨーロッパでの排ガス規制に関するあらゆる取り決めからなる条項 [ EURO5 ] を取得しており、その様な理由から、このキットにはご覧の通り、排気ガスに含まれる有害物質を除去する装置 : 触媒 (排気ガス触媒=三元触媒) まで付属されておりまして、KessTechの製品が如何に本物でるかを物語っております。

SPORTSTERでは純正のマフラー内に、その排気ガスに含まれる有害物質を除去する装置 : 触媒 が取り付けられておりますので、純正マフラーを取り外し、別メーカーのカスタムマフラーを装着する際は、ヨーロッパでは、その社外マフラーにも純正の触媒と同等レベルの機能を有する触媒を取り付けなければなりません。逆の言い方をすれば、排気ガスに関しては、ヨーロッパの場合、マフラーを交換したとしてもその交換したマフラーに基準を満たす事の出来る触媒が取り付けられていれば、公道での走行や車検はOKとなるのですが、残念ながら日本の場合、この道理はストレートには認められておりません。社外マフラーにおいて、排気ガスと触媒に関する問題をクリアーする為には、現状かなり厄介な壁が立ちはだかっておりまして、結果、車検をクリアーする為には純正マフラーでなければ NG であると言う状況になっています。
▷ つまり、現状、このKessTech製SPORTSTER用マフラーキットは、排気ガスに関する基準をクリアーする事が出来ませんので、車検対応とはなっておりません。

国内の道交法で定められている車検を取得する為に必要となる項目は、以下の3項目となりまして…

1)加速走行騒音 : KessTechではEURO5を取得しておりますので、この検査項目は無条件にてクリアーします。

2)近接排気騒音 : 2016.4/19。KessTech JAPAN は 2016年式 ROADKING を使用し、JMCA (一般社団法人全国二輪車用品連合会) にて近接排気騒音の測定を行いました。その測定結果は 94dB であり、近接排気騒音の要項で定められている規制値 : 94dB 以内でありました為、JMCAより 2016年式 ROADKING に関しては車検対応である事の政府認証を得る事が出来ました。ただ、この政府認証は、ハーレー個々のモデルに割り振られている『形式』に対して発行される仕組みとなっており、今回のJMCAから発行された公認認定番号 : JMCA2116127001は、2016年式 ROADKINGの『形式』のみに有効となっております。2016年式 ROADKINGのエンジンの排気量は1,689ccですので、この排気量を越えなければ、KessTechのマフラーを装着した際、フルオープン状態であっても、近接排気騒音は94dB以下であるとKessTechでは判断を致しております。

3)排出ガス規制 : 排気ガスに含まれる有害物質を除去する装置 : 触媒 (排気ガス触媒=三元触媒)は、ハーレー個々のモデルに割り振られている『形式』に対して紐付いており、その形式を持って国内の排出ガス規制をクリアーしている事の証明となりますので、現状、純正の触媒を装着していなければ、排出ガス規制をクリアーし、車検を取得する事は出来ません。KessTech JAPANでは、当面、 ハーレーの純正エキゾースト・パイプに触媒が装着されているモデルのみを販売対象モデル とさせて頂いております。

[ 純正エキゾーストパイプに触媒が装着されているモデル ]
◯ 2008年〜TwinCam DNYA FAT BOB
◯ 2009年〜のツーリングモデル全般
◯ 2010年〜TwinCam DYNA WIDE GLIDE
◯ 2002年〜V-ROD
◯ 2015年〜 DYNA ローライダー / FXDL
◯ 2016年〜 FXDLS
▷ 上記モデルが、KessTech JAPANの販売対象車両 (ハーレーダビッドソンの場合)となります。

画像: こちらがキットに含まれる触媒です。。。

こちらがキットに含まれる触媒です。。。

△ こちらがキットに含まれる触媒です。マフラー1本づつに1個を取り付ける仕様となっています。時間は少々掛かる事だと思いますが、今後、ドイツ : KessTech本社と共に、国内の道交法に照らし合わせ排気ガスに関する問題をクリアーして行ける様、努力をして参りたいと思っております。

画像1: 国内の道交法で定められている車検を取得する為に必要となる項目は、以下の3項目となりまして…
画像2: 国内の道交法で定められている車検を取得する為に必要となる項目は、以下の3項目となりまして…
画像3: 国内の道交法で定められている車検を取得する為に必要となる項目は、以下の3項目となりまして…
画像4: 国内の道交法で定められている車検を取得する為に必要となる項目は、以下の3項目となりまして…

 

 

This article is a sponsored article by
''.