Break Time 2

バイクを止めて・・・

今までやってきたカスタムを振り返ってみると又やりたいことがウゾウゾ湧き出てくる。何を目指しているかは自分でも分からないけれど、自分のモノだから失敗しようが成功しようが問題ない。自分がカッチョヨイと思えば、それで良いのだ。

画像1: バイクを止めて・・・
画像2: バイクを止めて・・・
画像3: バイクを止めて・・・
画像4: バイクを止めて・・・
画像5: バイクを止めて・・・
画像6: バイクを止めて・・・
画像7: バイクを止めて・・・
画像8: バイクを止めて・・・
画像9: バイクを止めて・・・
画像10: バイクを止めて・・・
画像11: バイクを止めて・・・

こうやってクローズアップしてみると、ややヤレてきてる感じが見えるけど、全体像的には逆に良い雰囲気になってたりするから、そこは現状維持。

画像12: バイクを止めて・・・

ただ、もうちょっと色気の遊びがあっても良い気もするなぁ。シュミレーションしてみよっかな。

画像13: バイクを止めて・・・

と、こないだヘルメットを新調した。

画像14: バイクを止めて・・・

BELL BULLITT

画像15: バイクを止めて・・・

レトロなフォルムを持ってるんだけど、ベンチレーション機能や内装着脱など今時のヘルメットの基本性能は押さえてあるもの。アメリカ製の格好優先ものだと、何気にガマンしながら被らなきゃいけないものも多いなかこれはフィット感等含めて、なかなか優秀。もちろん自分は日本人の頭形状だから、欧米人向けのヘルメットが完全にフィットする訳でないんで悪くないよ、っていうレベルだけど。

でも、こういうトリムの当て皮とか、ちょっとしたコダワリがとても良い。

画像16: バイクを止めて・・・
画像17: バイクを止めて・・・
画像: シールドの開き止めホックなんかは、実は裏がマグネットで躯体へは磁力でとまる仕掛け。

シールドの開き止めホックなんかは、実は裏がマグネットで躯体へは磁力でとまる仕掛け。

画像18: バイクを止めて・・・

こんな感じで、かなり質感のレベル高し。

画像19: バイクを止めて・・・

だいぶ気に入ったんで、ただいまレタリング等どうしようか嬉々として考え中。

画像20: バイクを止めて・・・

バイクとのマッチングも悪くないよね。

 

 

This article is a sponsored article by
''.