画像: 掲載日/2009年10月16日【フルカスタム】撮影/磯部 孝夫 本記事は HOTBIKE japan vol.107 にて掲載されたものです

掲載日/2009年10月16日【フルカスタム】撮影/磯部 孝夫
本記事は HOTBIKE japan vol.107 にて掲載されたものです

1993年式 EVO

耐久性と走行性能を両立させたビルダー独自の理論が潜むEVO

ファーイースト・チョッパーズ。このカスタムショップに興味を持ったキッカケは、数年前のクールブレイカー撮影時だった。ロングフォークでありながら、そのどれもが軽快な取り回し。出展ブースから簡易撮影スタジオまでの押し引きでハンドルが切れ込むことはなく、またその挙動に不安を感じることはなかった。

EVOベースのロングフォーク。マシンから放たれる危ういスタイリング以上に、当時感じた印象を体感したいと思い取材を申し込んだ。16インチオーバーの93EVOは、ビルダー石津正朗ならではのセオリーが踏襲される。スムーズなハンドリング。これは石津が試行錯誤の上に導き出した「12センチ」というトレール量の恩恵によるもの。車体の背骨とも言えるフレーム・メインチューブに選択したクロモリ鋼の435材も然り。

「強度とネバりのあるクロモリとスチールを組み合わせることで、金属原子の炭素の流動が防げる。結果、耐久性と走行性能を両立したフレームになる」

見かけとは裏腹、ポジションは思いのほかコンパクトだ。ハンドル/フットコントロールの位置は身長169センチのボクでも写真の通り余裕がある。ハンドルの切れ角がもう少しあればUターンもイージーだろうが、それは欲張りすぎか。

前後ブレーキの制動力も秀逸。ドゥカティにも装備される伊国製レーシングブレーキの雄グリメカは、パフォーマンスパーツならではのタッチと制動力を実現する。ロングフォークの場合、フォークやフレームにも負担の掛かる高性能の制動装置は敬遠されるものだが、石津は骨格の剛性に絶対の自信を持つがゆえ、迷いなくグリメカを選択する。

「走行性能」と「長さ」。相反する要素を独自のセオリーで兼備させたカスタムバイクである。

画像1: 耐久性と走行性能を両立させたビルダー独自の理論が潜むEVO
画像2: 耐久性と走行性能を両立させたビルダー独自の理論が潜むEVO

カスタムの詳細をチェック!

画像: 上下2連で装着したプロジェクターヘッドランプ。16’オーバーのフロントフォークはSTKMスチールとクロモリ鋼で製作。

上下2連で装着したプロジェクターヘッドランプ。16’オーバーのフロントフォークはSTKMスチールとクロモリ鋼で製作。

画像: コック部に至るまで有機的な造形を持つフューエルタンクはワンオフ製作で、スチール板6枚により形成されている。

コック部に至るまで有機的な造形を持つフューエルタンクはワンオフ製作で、スチール板6枚により形成されている。

画像: シートレールと一体となるフェンダー造形はスチールモールディングによるもの。金属パーツの徹底した仕上げが強みだ。

シートレールと一体となるフェンダー造形はスチールモールディングによるもの。金属パーツの徹底した仕上げが強みだ。

画像: フライスと旋盤を使って製作したスイングアーム。リアアスクルにアルミカバーを付けることでカスタムの完成度を高める。

フライスと旋盤を使って製作したスイングアーム。リアアスクルにアルミカバーを付けることでカスタムの完成度を高める。

SHOP INFO.
FAR-EAST CHOPPERS
住所/静岡県浜松市南区都盛町207
電話番号/053-442-5183

 

 

This article is a sponsored article by
''.