画像: [ Route三陸プロジェクト ] : ROUTE三陸はここに行け!-大川小学校

ROUTE三陸はここに行け!-大川小学校

震災遺構として残された大川小学校跡。津波が幼い命まで奪った場所です。
街は活気にあふれ復興へと向かう中で、時が止まったままの光景を目前にすると、胸が締め付けられる思いがします。
大川小学校のある新北上大橋のたもとから、再び国道45号線へと入ると、避難の目安に設置された浸水区域の看板が目に入るようになります。こんなところまで、と走りながら実感できるはずです。
現在は仮復旧の交通機関としてBRTバスが運行し、三陸沿岸道路の建設も急ピッチで進んでいますが、当面はクルマ、バイクが観光の足になります。道を走ることが意味を持つバイク乗りが、少しでも力になれるという理由はここにもあります。

画像1: ROUTE三陸はここに行け!-大川小学校
画像2: ROUTE三陸はここに行け!-大川小学校

 

 

This article is a sponsored article by
''.